男女

老人ホームは入居者の意志を尊重して選ぼう│資料請求と比較が重要

請求業務を効率よく行う

男の人と女の人

給付データ送付方法

国保連中央介護伝送ソフトとは、保険や公費で賄われた分の給付データを国保連に送付するソフトのことです。給付データを送付するためにはいくつか方法があります。もっとも原始的なのは、紙媒体で送る方法ですが処理が煩雑になることから、この方法を認めていない自治体も多いです。また磁気媒体を使って処理する方法もあります。ここでいう磁気媒体とは磁気テープや光ディスクなどを指しますが、この方法では個人情報の漏えいなどの問題点もあります。そこで最近では、給付データを国保連中央介護伝送ソフトを利用して送付する方法が一般的になりつつあります。これは国保連中央介護伝送ソフトから給付データをCSVファイル形式で抽出し、ISDN回線を用いて送信する方法です。この方法では送信にかかる手間を省くことができます。

パッケージソフトの利点

介護保険の給付データを送信する方法として、国保連中央介護伝送ソフトを使用するケースが広がりつつあります。国保連中央介護伝送ソフトを用いて給付データを送付する方法にはいくつか種類があります。その中でも、介護業務と給付データ送付機能がセットになっている、パッケージ化された国保連中央介護伝送ソフトを用いる方法がおすすめです。これは介護サービスの提供から保険請求まで、一連の業務を一つのソフトで行うことができるため業務効率が向上するからです。また給付データを送ってもすべてが確定されるわけではなく、請求間違い等で返戻が来ることもあります。その場合は修正して再送信する必要がありますが、返戻されたデータを再請求することができる機能もしっかりしているソフトを選ぶと良いです。